2011年7月24日日曜日

DJ猫ゴッシーのポスター

DJ猫ゴッシーのポスターを作った。クッリクで拡大
The collage posters of DJ Cat Gosshie created by Harukichi

手法:アナログコラージュ、デジタルコラージュ(ゴッシーとレコードプレイヤー)、文字等はPC




ゴッシー「4つも作ってくれて嬉しいけど、なんか暗いにゃぁ。正直言うとラッセンみたいなのが好みニャン」

以下ざっくり製作過程
不要になった雑誌や本を用意する(どうしても使いたい絵・写真が頭の中にある場合はそれを買いに行ってもいいし、グーグルで検索してプリントアウトしてもいいだろう)。今回は不要本が家に無かったので古本屋で物色。カラー図版の多い歴史本を4冊購入(500円一冊、100円三冊)

何も考えずにただページをめくりながら気に入った絵や写真を切り取り、床に置いていく。想像力は一切いらない。切り終わったら全体を眺めてみる。そうすると使える絵・写真が浮かんでくるので、それに従って取捨選択していく。


色々やり方はあると思うが、簡単なのは背景になる大きい絵・写真を選ぶこと。
あとはその背景に合いそうな物を見つけて切って並べてみる。
この絵では駱駝の隊列、アメリカ人、和尚、エジプト人、ニッパー(犬の置物)、自転車と運転者が加えられている。左手前が開いているのでどうしようかと考えてる時にふと、ゴッシー(猫)を置けばいいんだと気付く。ゴッシーはデジタル写真しかないのでサイズを調整してプリントアウトして貼るよりも、PC上でコラージュすることに決めた。
 当初は純粋にアナログコラージュだけをやろうとしていたので、ゴッシーを入れ込む考えは全く無かく、絵がアイデアを呼び寄せたと言えよう。
さらにこの一枚目がきっかけになり残りのコラージュ作品(何枚作れるかはまだ未定だったが)にもゴッシーを入れようと決めた。

右手に持っている物が太鼓のばちに見えたので、左手に太鼓のような物があれば持たせたいなと思って切り抜き群を見渡すと、太鼓っぽい形の弦楽器があったので持たせて見た。



同じ切抜き群から何枚か作る事も可能。今回は4枚作れた事になる。
左手前の子供は以前にコラージュ素材として購入した本「中国製造」より。一万円札はたまたま有ったおもちゃのお金(子供銀行って書いてある。なつかしい。)
ちなみにこの時は手前の人間の切り抜きと動物の切り抜き配置はすぐ決まったが、背景が最後まで決まらなかった。写真では見づらいがゴッシーは右手前の椅子の上に置く予定で、アナログプレーヤーは手前正面にデジコラする予定であった。

使おうとおもって切り抜いたが、結局うまくはまる場所が無かったコラージュ素材。

で、デジコラでゴッシーとプレーヤーをスキャンしたコラージュに埋め込んで完成した。そしてさらに完成したコラージュに文字を並べてポスターにした。単語や文章はその完成したコラージュから自然と湧き出てくる。