2013年7月15日月曜日

伊福部昭生誕100年(2014年5月31日)

我が心の師匠伊福部昭超先生の生誕100年イベントが、どうやら今年(2013年)から盛り上がって来てるらしいぞ。旧ブログにもアップしてたと思うが、久しぶりにハードディスクの奥底から引っ張りだしてきた。オレが2008年に描いたもの。
伊福部家サイト

 
 以下製作過程。


 まずはラフ絵。ってか知ってる人はすぐわかると思うけど、ただ写真を模写してるだけなんだよね。
模写しててコレかっていう画力(笑)
 B1サイズ(1030 x 728mm)に描く。左はネコジャンプのCDだったかな。

 下手でも頑張ります。



 文字はパソコンで作りました。

 そのまま糊付け。



 tougenojizouと言うのはオレの個人出版サイト。こちら

 文字の隙間を背景色で塗ります。

 年始に描いたので部屋が寒くて、フードを被りながら描いてます。

 あまりにも進行が遅くてぐったりしてるとこ。



 手前にあるのはELT!

 背景色完成。

 文字周りをさらに塗ります。

 ピアノに彩色。

 部屋が寒い。

 良い感じ。


 手前にある本は、オレが影響を受けたシェパード・フェイリーの画集。

 昼までは、まぁ、暖かいんですが。


 隙間風が入るので夜はカーテン。あ、写真だと一日で描いてるように見えるけど、たぶん全部で一週間くらいかかったはず。年始はバイトも休みだったしね。

 青地に黒文字だと沈んで見えたので白フチ追加。ぐったり。



 額部分に超名曲「交響譚詩」から音符を拝借!


 なんかもうぐったり。

 寒さと戦いながら必死に描く。カメラのセルフタイマーも大活躍!

 完成~。



 以上。