2015年4月3日金曜日

キョンシーとゴッシー

映画漫画サイト「倉林のはらわた」でも大絶賛の『キョンシー』を観たので絵を描いた。「いや~人間って描くの本当に難しいものですね」(水野晴郎ふうに)
 久しぶりに近所のレンタルビデオ屋に行ったら新作込み5枚で千円ってなってて感動して泣いた。つーわけで『キョンシー』を借りたわけだよ。二泊三日までOKだから、え、?観たい?貸そうか?他に借りたのは「エスケイプ・フロム・トゥモロー」(なんか面白そうだったから)、「あなたがいてこそ」(インド映画、コメディらしいのと沢山踊ってそうだったから)、「長ぐつをはいたネコ プスと魔法使いオーガ」(ゴッシーの希望)、「ムカデ人間」(本当は2を借りたかったが大絶賛貸し出し中だったため)
 あとケース外したAVのDVD五枚1500円で売ってて愚息もビックリ。

サイズ:A4 素材:ペンと色鉛筆
size:A4 material: pen & color pencils



 じゃ、制作過程。映画を見ながらテキトーにキャプチャしておくと後で便利。
ラフを描く。A4コピー紙

マルマンのスケッチブックに描く。

下三分の一を描き終わる。

中断も描き終わる。左はインド映画ポスター本。楽しい。

下絵完成。この時点で7時間経過。絵が下手な人は時間がかかる。

ペン入れ。基本はシグノ黒ペン0.5と0.3で、漢字は筆ペン、猫DJゴッシーはカラーインクに付けペン。

血はシグノの赤。他は色鉛筆。

ほぼ完成

タイトル「猫DJゴッシーのうろ覚え映画館」を呉竹筆ペンのメタルカラーブルー(不透明)で。

キョンシーの真似をするゴッシー。トータルで10時間位かかった。