2015年7月16日木曜日

映画画報『インド・オブ・ザ・デッド』

映画『インド・オブ・ザ・デッド』を観た。あんま、面白くない。予告編はスゲー面白そうなんだよ、で、これ間違いない!って借りたら……。インド映画にしては低予算で頑張ってるなって気はするけど、ゾンビコメディなのに、所々シリアスな臭いセリフとかイラネー。ギャグにしたいのかお涙頂戴にしたいのか、どっちだよって。まぁ一言で言えば「大麻は良いけどケミカル覚せい剤はダメ、ゼッタイ」って話で、分かってるよ!そんなもん。猫DJゴッシーもず~っと前からそう言ってんだろ。わざわざ劇場公開してんじゃねぇ、レンタルで十分だっつーの。
まともなレビューは呪いさん家でどぞ





映画冒頭に一瞬出てくるよ!

余談のコーナー。タッシェンから出たリトルニモが超巨大本過ぎて笑う(しかも手提げ付きボックス仕様)。あとホークウィンドのボックスにCD2、DVD、LPの四枚入ってんだけど、全部同じ音源(たとえるなら、古い音、普通の音、良い音、超良い音の4枚)ってのがアホ企画過ぎていい(作った人は大真面目だろうけど)。手前の没後(死化粧/死装束)写真集がまた良い。初版はすぐ品切れになって一年経って最近やっと二版が出た。

つーか、ユンナのライブ7月25日赤坂ブリッツにメッチャ行きたい!一日二公演全部観たい。フジロックなんかより、超行きたい。誰か代わりに頼む。